コレステロールと中性脂肪について

ただし、中性脂肪もコレステロールも、毎日生きていく中では欠かせない物質である事には移ろいはないので、これらをつくりだすもととなる栄養が内蔵されている食べ物は節度をもって摂取する事を心がけましょう。

けれども、コレステロールと中性脂肪はまったく異なる特質を持つ物質です。

名称に悪玉と善玉の語が用いられていますが、名称から受けるフィーリングとは相違、コレステロールはどっちも必須な働きをしています。

血液検査の結果で中性脂肪の量を示すトリグリセリド(TG)の数値が高いと、糖尿病や高血圧をはじめとする暮らし習性病を引き起こすおそれがあるとみなされ、医者からは運動を積極的にするなどして数値を下げるよう指導されます。

HDLはLDLを除去して肝臓に運ぶはたらきがあり、動脈硬化を防ぐために大切な物質ですが、量が多すぎるとCETP欠損症にかかっているおそれがあります。

中性脂肪とコレステロールの相違は、前者は大抵生命の維持活動に用いられており、後者はだいたい細胞膜を形成して流動性を維持するために用いられているという事です。

中性脂肪は、食べ物を通じて体内に取り込んだのにもかかわらず、エネルギーとして使用されなかった脂質や糖質、たんぱく質などが皮下や肝臓にある脂肪組織に蓄えられたもので、不可欠が生じた時に脂肪酸へと移り変わりして毎日の活動をするためのエネルギーとして使用されます。

\コレステロールと中性脂肪は、どっちも人間の体内にある脂肪の一種であり、たまりすぎると体に害を及ぼすおそれがある事は、事前に多くの人に認識されており、これら2種類の脂肪を同列にとらえている人が少なくないのです。

単に栄養不足や過剰な運動がきっかけであれば、一層良く食べたり、運動のメニューを軽いものにすれば、血液中のTGの量が正常に戻りますが、どんだけ試みてもTGの量が戻らない事例は甲状腺や肝臓にどこかに疾患が生じているおそれがあるからです。

LDLは血流にのって全身に運ばれ、ホルモンや生体膜を生成するときの原材料となりますが、量が多くなりすぎると血管壁に付着して血流を妨げるようになり、動脈硬化を引き起こすきっかけとなります。

ただし、TGの数値は低すぎるのも良い事ではないのです。

しかも、量が過剰である時や不足しているケースに疑われる症状にも両者で差異があります。

一方、コレステロールは、生体膜の構成やステロイドホルモンの生成、胆汁酸の生成などに関与する物質で、大きく悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の2種類が影響します。詳しくはこちらをクリックして下さい